10月12日~インフルエンザ予防接種を始めます。

接種日:10/12(水)~在庫なくなり次第終了致します。

接種時間:平日は、10時30分~12時まで、15時30分~18時まで
土曜は、15時30分~16時30分まで

対象年齢:13歳以上
※13歳以上は1回接種です。

費用(自費・税込): 大人(13才以上) 4000円
65歳以上    熟年者接種票をお持ちの方は無料となります。

受付方法:インフルエンザ予防接種予約サイトにて10日前よりご予約頂けます。
インフルエンザ予約サイトはこちら

※直接ご来院されましても、予防接種は受けられませんので必ず予約サイトでご予約下さい。
※初診の方でも予約サイトでご予約いただければ予防接種を受けられます。
※ご予約には、メールアドレスが必要となります。

※高校生以下のお子さんは必ず保護者同伴でお願い致します。
※卵アレルギーで内服加療中のお子様は小児科での接種をお勧めしております。
※当院の外来窓口では、東振協の助成を受けて、インフルエンザ予防接種を受けることは出来ません。
東振協のホームページより、対応の医療機関をお探しください。

よくあるご質問(FAQ):
Q. インフルエンザの予防接種の効果はいつまで続きますか?
A. 個人差はありますが、接種して2週間後~約5ヶ月間と言われています。

Q. インフルエンザはいつから流行り始めますか?
A. 例年だと11月下旬から流行が始まります。3月頃まで流行が続きます。

Q. ワクチンを打ってから直ぐに抗体がつくのですか?
A. 抗体が作られるまでに2週間程度かかることが知られています。

Q. 他のワクチンはいつ打っていいですか?
A. ・生ワクチンは間隔をあける必要はありません。
ex) 水痘、ムンプス、MR(麻疹、風疹)、ロタ、BCGなど
・不活化ワクチンも間隔をあける必要はありません。
ex) Hib、肺炎球菌、DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)、DT(ジフテリア、破傷風)、A型肝炎、HPV2・3・4種混合
・コロナワクチン接種後でも、間隔をあける必要はありません。

Q. インフルエンザワクチンを接種することで、インフルエンザを発症することはありますか?
A. ありません。インフルエンザワクチンは不活化ワクチンです。不活化ワクチンは、インフルエンザウイルスの感染性を失わせ、免疫をつくるのに必要な成分を取り出して作ったものです。従って、ウイルスとしての働きはないので、ワクチン接種によってインフルエンザを発症する事はありません。

アーカイブ

PAGE TOP