胃腸炎の原因や症状・食事・仕事復帰の目安について解説

冬になると多くなる「胃腸炎」。突然腹痛や吐き気、下痢が出てくると、仕事にならないくらい辛いですよね。実際、胃腸炎になったらどのように対処するのが適切なのでしょうか。

今回はみなさんがよく経験する胃腸炎の原因や症状・食事について解説していきます。

胃腸炎とは?

胃腸炎とは、胃や腸に炎症が生じ、下痢や腹痛・吐き気などが出てくる疾患の総称です。胃腸炎の原因には、

  • 食べ物などを通してウイルスや細菌を介した「感染性胃腸炎」
  • ストレスや普段の生活習慣と大きく関わる「過敏性腸炎」
  • 自己免疫疾患やもともとの体質で腸炎を繰り返す「炎症性腸疾患(IBD)」

などの種類があります。他には刺激物の取りすぎや食べ過ぎなども胃を中心とした「胃腸炎」になりますよね。胃腸炎とは、非常に広い疾患を指していることが分かります。

今回はその中でもウイルスや細菌を原因とした「感染性胃腸炎」に焦点をあててお話します。ストレスが原因となる「過敏性腸症候群」についてはあなたの過敏性腸症候群はガス型?過敏性腸症候群の症状・原因・治し方についてを参照してください。

感染性胃腸炎の主な原因は?

感染性胃腸炎とは細菌やウイルスなどの感染する病原体による嘔吐・下痢を主症状とする感染症です。感染性胃腸炎の原因になる代表的なウイルスや細菌は以下の通りです。寄生虫が原因になることもあります。

  • ウイルス: ノロウイルスロタウイルス・アデノウイルス・エンテロウイルス・サポウイルス・アストロウイルス・(新型コロナ(まれ))
  • 細菌性: サルモネラ属カンピロバクター・腸管ビブリオ・’(腸管出血性)大腸菌・細菌性赤痢・コレラ・腸チフス・Clostridium difficile腸炎・黄色ブドウ球菌・ウエルシュ菌など
  • 寄生虫: 赤痢アメーバ症・ジアルジア症・クリプトスポリジイウム症・回虫症・腸アニサキスなど

など、非常に多彩な病原体が関わっています。夏は細菌性腸炎が、冬から春ではウイルス性腸炎が多いですね。東京都感染症情報センターでは、毎年の流行情報がわかるので、チェックしてみるとよいでしょう。

(参照:東京都感染症情報センター「感染性胃腸炎の流行状況」)

また、胃腸炎の感染経路として多いのは、

  • 汚染された水:十分消毒されていない水を飲むことで発症します。特に海外で多い。
  • 食品からの感染:十分加熱されていない食品をたべることで発症します。後述します。
  • 感染患者からの糞口感染:感染している方の吐物を素手でさわった。トイレの後手を洗わずドアノブから感染したなど。保育士や子育てしている方などに多い。
  • 汚染された食器を介した感染:感染している方と食器器具を共有すると発症。

などです。

感染性胃腸炎の症状は?

多彩な病原体を一括りにしているわけですから症状は多彩ですが、代表的な症状は発熱・下痢・吐き気・嘔吐・腹痛です。それぞれの症状の特徴は次の通り。

  • 発熱:ウイルス性胃腸炎の場合は、多くの場合37度台であることが多いですが、カンピロバクター性腸炎、ノロウイルスなどは38度にまで達することがあります。
  • 下痢:通常のウイルス性腸炎は、「滝のような水様便」が多く、あまりに回数が多いため「トイレにこもりっぱなし」になることもしばしば。
  • 吐き気・嘔吐:通常は食べたものか胃液だけのことが多いです。油分が多いものを食べると増強します。
  • 腹痛全体的に波がある腹痛が特徴的。逆に持続し徐々に強くなる腹痛は胃腸炎でない可能性があります。

通常の経過としては「吐き気➡発熱や腹痛➡下痢」になってくることが多いですが、一部の腸炎では最初急に発熱が来てから、嘔吐・下痢になることもあります。小児ではけいれんを起こすこともありますね。

感染性胃腸炎の症状がでている期間はウイルス性胃腸炎の場合5~7日程度といわれており、多くの場合は自然と治ってきます。細菌性腸炎の場合は抗生剤が必要なケースもありますので、病院には受診するようにしましょう。

ただし!「たぶん感染性胃腸炎だから自然とよくなるだろう」と甘く考えてはいけません。例えば下記の場合などは病院に受診したほうがよいでしょう。(個々のケースで異なるので、詳しくはかかりつけの医師に相談してください)(参照:Mayo Clinicによる提唱

  • 嘔吐が2日以上続いた場合
  • 下痢が数日以上続く場合
  • 血便が出た場合
  • 高熱が出た場合
  • 腹痛の性状が変わった場合
  • 意識障害や失神などがでるようになった場合

感染性胃腸炎の潜伏期間は?

感染性胃腸炎の潜伏期間(感染から発症するまでの期間)は病原体によって異なります。代表的なウイルス・細菌感染のものは下記の通りです。

  • ノロウイルス:1日~2日
  • ロタウイルス:2日~4日
  • アデノウイルス:5日~7日
  • カンピロバクター:2日~7日
  • サルモネラ属:通常8時間~48時間(近年3~4日後の発症もあり)

このように、最長7日前の食事でも原因になりうるので、なかなか原因となる食事を想定するのは容易ではありません。

(参照:国立感染症研究所HP

感染性胃腸炎の原因となる食事は?

感染性胃腸炎の原因となりやすい食事は、ウイルスや細菌の種類によって異なります。例えば次の通りです。(これ以外にも原因菌は多数ありますので、代表的な例をあげています)

  • ノロウイルス:カキを含む二枚貝・魚介類など
  • ロタウイルス:二枚貝・寿司・サラダ(海外の報告)など
  • カンピロバクター:鶏肉(鶏レバーやささみなど)・加熱が不十分な食肉・汚染された飲料水など
  • サルモネラ属: 卵やその加工品・鶏肉・食肉・内臓肉・淡水養殖魚介など
  • 黄色ブドウ球菌: 古くなったおにぎりや弁当など
  • ウェルシュ菌: 残っていたシチューやカレーなど

(参照:公益社団法人日本食品衛生協会HPより)

感染性胃腸炎の検査は?

多くの場合はウイルス性胃腸炎であり、自然によくなる可能性が高いと考えられています。しかし、大切なのは一般的な感染性胃腸炎を見分けること。危険な腹痛の例では「虫垂炎・憩室炎・膵炎・虚血性腸炎・大腸の悪性腫瘍・潰瘍性大腸炎・クローン病」などです。あげればキリがありません。

こういった多数考えられる「危ない疾患」から一番一般的な「感染性胃腸炎」と診断するのです。ですから、少しでも「危ない腹痛かな」と考えたら、血液検査・超音波検査・CT検査・便検査などを行い、場合によっては地域の連携病院に紹介いたします。

数ある検査の中で、一番簡便で、すぐ原因を鑑別しやすいのが超音波検査です。当ひまわり医院では患者さんと一緒にお腹の中の画像を見ながら、感染性胃腸炎の病気の場所や考えられる疾患について、診断を進めていきます。詳しくは下記を参照してください。

超音波(エコー)検査でわかること【腹部超音波・体表超音波(甲状腺や乳腺)】

「ノロウイルスか原因かどうか調べてほしい」という要望に関しては、3歳未満の方・65歳以上の患者さんは迅速診断で保険適応になります。それ以外の方は自費になってしまうこともあり、当院では原則検査しておりません。

職場の事情などの関係で「どうしても検査してほしい」という方は、あらかじめお電話(03-5662-8711)いただけますと幸いです。

感染性胃腸炎になってしまった時の対応は?

①水分と栄養の補給を十分に行い、安静を保つ

「水を飲むと下痢をしてしまうから飲みたくない」という方がいますが、脱水は症状を悪化させます。こまめに水分を摂るようにしましょう。日本の感染治療ガイドラインでは「下痢をしている際の食事への制限は不要であり、経口摂取できるときは経口摂取を推奨する」とされています。

一方、アメリカのMayo clinicでは下記が推奨されており、腹痛症状が強い時などは守るとよいでしょう。

  • 水分を摂取する時に早く飲むと吐き気につながるとため、数時間かけて少量ずつ飲むこと
  • 吐き気を感じる時は少量ずつ食べること
  • 消化しやすいバナナ・ゼラチン・粥などから少しずつ食べること
  • ミルクや乳製品カフェイン・アルコール・脂肪の多い食事や濃い味付けの食事は数日控えること

また、下痢止めは病気の回復を遅らせることがあるので使用しないことが望ましいでしょう。

胃腸炎を含めた胃腸が悪い時の食事に関する具体的な食べ物は、胃腸に優しい食べ物とは?胃腸の調子が悪い時の食事についてを参照してください。

② 周りの人にうつさないようにする

感染性胃腸炎は人の便や吐物に接触したり吸入すると、そこから感染が広がってしまいます。感染拡大防止がとても大切です。例として以下のことをするとよいでしょう。

  • 吐物の処理にはアイシールドやマスクなどを用いて保護する
  • 石鹸と流水による手洗いを徹底する
  • 食品は中心部までしっかり加熱処理する
  • 調理器具は消毒用エタノールや逆性石けんなどを用いて消毒する。ノロウイルスを完全になくす方法としては、次亜塩素酸ナトリウムや加熱による処理があります
  • トイレ・風呂などの共用部分を衛生的に保つようにする
  • おむつなどの取り扱いに気をつける

特にノロウイルスは感染力が強く、発症から1週間から最長1か月程度はウイルスを排出するといわれているので注意が必要です。詳しい嘔吐物の処理については、こちらも参照してください。

③ 早めに医療機関に受診する

前述しましたが、「(たぶん)胃腸炎だから放っておいてよいだろう」と考えて放置した結果、「まったく違う病気で早急な対処が必要だった」というケースをしばしば経験しています。特に

  • 38度以上熱が出ている場合
  • 腹痛に波もなく、下痢などの症状が伴っていない場合

などは、胃腸炎でない可能性が十分あります。必ず病院にいくようにしましょう。

(参照:厚生労働省「ノロウイルスQ&A」
(参照: JAID/JSC感染症治療ガイドラインより
(参照:Mayo Clinic「Gastroenteritis: First aid」

感染性胃腸炎になった時の登校や仕事の復帰は?

感染性胃腸炎はO-157などの特殊なものを除いて、明確な「出席停止期間」がありません(2021年9月現在)。そのため一般的には「症状が回復して状態が良くなれば」登校・登園可能となっています。

具体的に各自治体や学校で異なることがありますので、前もって相談しておくとよいでしょう。

職場でも登校と同様にされることが多く、「症状が回復して状態が良くなれば」仕事復帰可能とすることが多いです。しかし、職場の仕事内容や就業規則によって取り扱いが変わるので、職場に聞いていただくとよいでしょう。

飲食店や食品の取り扱いをされている方がノロウイルスが原因の感染性胃腸炎をきたした場合、「調理施設の管理者にその旨を伝え、しばらくは直接食品を取り扱う作業をさせないようにすべき」とされています。(厚生労働省HP

あわせてこちらもオススメです

【この記事を書いた人】 
一之江駅前ひまわり医院院長の伊藤大介と申します。プロフィールはこちらを参照してください。

関連記事

  1. 【2022年度版】脂肪肝について解説【症状・食事・改善方法】…

  2. 妊婦さんは要注意!リンゴ病(伝染性紅斑)について【症状・発疹…

  3. 熱中症とコロナの違いは?熱中症の症状と対処法について解説

  4. 亜鉛のとりすぎによる症状や副作用は?亜鉛過剰症について解説【…

  5. 尿路結石(特に尿管結石)を出す方法は?原因や症状・予防法につ…

  6. 男性の頻尿で多い前立腺肥大症について【症状・治療・食事】

ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事
PAGE TOP