しもやけは予防できる?しもやけ(凍瘡)の原因や対策・薬について解説

  • 寒い時期になると指が赤く腫れてしまう
  • 鼻のてっぺんやほほもよく赤くなりやすい
  • 寒暖差が激しくなると決まって足がむずがゆい感じなる

こうした方は「しもやけ(凍瘡)」かもしれません。一之江駅前ひまわり医院では、しもやけの治療についても行っています。

しもやけ(凍傷)とは?

しもやけとは「霜焼け」、つまり寒暖差によって血行が悪くなり炎症を起こす疾患です。医学用語では「凍瘡」と書きます。血行が悪くなり炎症をおこした部分は、痛みやかゆみを伴いながら、赤紫色の皮疹がでてきます。

しもやけは大きく分けて、次の2つがあります。

  • 樽木型(たるきがた):指や手全体が赤く腫れあがるタイプです。子供によく見られます。
  • 多型紅斑型(たけいこうはんがた):指や手全体に赤いブツブツや水膨れなどがたくさんできるタイプです。大人によく見られます。

炎症が強い場合はむくみや水ぶくれ、さらにえぐれるようになることもあります。

しもやけの原因は?

しもやけの原因は、寒冷刺激を何回も繰り返すことによる小さい動静脈の血流不全です。そのため、しもやけがよく起こりやすい場所は、普段から血流が悪くなりがちな「手足の末端」や「耳たぶ」「ほほ」「鼻先」などになります。

寒暖差が大きい時期に炎症を起こすので、寒さの厳しい真冬よりも、冬のはじめや春先に起こりやすいのも特徴です。温かい地域でも発症します。

遺伝的素因のほか、発汗が多い方はしもやけになりやすいこともわかっています。(参照:あたらしい皮膚科学「凍瘡」)

しもやけに似た疾患で違う疾患であるものに「レイノー症候群」があります。寒くなると指先が白くなって、紫色や赤色になる疾患です。しばしば「しもやけ」と思って見逃されていることもあります。詳しくは冷え性と低体温は違いは?冷え性の原因と改善方法についてを参照してください。

しもやけの薬は?

しもやけの治療は「日常生活を正しながら」薬で治療することが大切です。ではどんな薬があるのか順にみていきましょう。

① 血行をよくする薬

前述の通り、しもやけの原因は末梢の血行不全によるもの。であれば、冷えや血行をよくすることでしもやけを改善することができます。よく使用される薬としては以下のものです。

  • ビタミンE: ビタミンEには血液の流れをスムーズにする血行促進作用があり、しもやけの治療に使用されます。内服薬と外用薬がありますが、内服薬は過剰摂取や使用上に注意が必要な場合があります。
  • ヒルドイド軟膏: 「ヘパリン類似物質」と呼ばれる成分は血行促進作用があり、しもやけの治療に使用されます。血行促進効果により一時的にかゆみがでることがあります。
  • 漢方薬:「温経湯」「四物湯」「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」「五積散」など、しもやけに適応症をもつ漢方薬があります。東洋医学の「証」やタイプによって自分に合っている漢方が変わってくるので、気軽に相談してください。
  • 末梢血管拡張薬:血管を広げ血流をよくする薬です。もともと慢性動脈閉そく症や肺高血圧症の方に使用されます。血が止まりにくくなったり、他の薬との飲み合わせを注意したりすることがあるので、上記の治療で改善が見込めない場合に使用されることがあります。

② 炎症やかゆみを抑える薬

しもやけによる末梢の血行不全で炎症が強くなった場合は、炎症を抑える薬が使用されます。ステロイドの塗り薬や傷に対して抗生剤の塗り薬が使用されることがあります。また、かゆみを抑える目的でアレルギーを抑える内服薬も有効です。

いずれにせよ、しもやけの状態に合わせて処方される薬や治療内容は大きく変わってきます。普段のライフスタイルも含めて診療いたしますので、ぜひ相談していただけましたら幸いです。

しもやけ対策や予防法は?

しもやけは普段の生活で予防することが大切です。個々人でライフスタイルは大きく異なるので一概には言えませんが、しもやけの治し方や改善方法を紹介します。自分で取り入れやすい所から試してみるとよいでしょう。

① 気温に合わせて防寒対策をする

寒暖差が大きくなるとしもやけになりやすいことがわかっているので、気温に合わせて服装を変えることが大切です。

普段から気温をチェックして、気温に合わせて防寒対策をしっかり行いましょう。特に末梢部分の血流をよくするように手袋・耳当て・マフラー・カイロなどは大切ですね。(カイロは低温やけどに注意)

② 湿気や汗対策をする

多汗の方はそうでない方よりも「しもやけ」になりやすいというデータがあります。それは汗で濡れた状態を放置すると、末梢が冷えやすくなるからと考えられています。

手汗をかきやすい方は、ぬれた状態を放置せずに給水性の高い手袋を用いたり、こまめにふいたりなどして、湿気や汗を避けるようにしましょう。靴下や靴も吸水性があるものがよいですね。

③ 靴下や靴は締め付けのないものを選ぶ

普段から足がむくみやすい方は、靴下のゴムで締め付けられて、末梢の血流が悪くなってしまいがちになります。

靴下や靴はしめつけのないものを選びましょう。

④ 家や職場を温かくする

自分だけで防寒対策をしていても、周りの環境が寒いとやはりしもやけの原因になります。職場や家が冷えているなと感じたら、遠慮せずに暖めるようにしましょう。

⑤ 禁煙する

タバコは末梢の血管が収縮するため、しもやけが発症しやすくなります。しもやけが辛い方は禁煙することで改善することがあります。禁煙方法は様々ですが、当院では禁煙外来も行っております。詳しくは禁煙外来と禁煙補助薬(チャンピックス・ニコチンパッチ)についても参照してください。

⑥ しもやけが強い時はゆっくり温める

肌が寒いところに、急に温めると一気に末梢の血管が開いてしもやけが悪化することがあります。あまりに手足がかじかんでしまっている時は、ゆっくり温めるようにしましょう。足湯も効果的ですね。(参照:Mayo Clinic HP

⑦ 血流をよくするためにマッサージする

末梢の血行不全が原因なので、マッサージも有効な手段になります。ただし、しもやけが起きている場所は炎症が起きている場所。腫れが強い部分にマッサージの刺激が加わると、炎症が強くなる可能性も。

直接しもやけが起きている場所よりもすこし離れた部分をマッサージしたほうがよいでしょう。しもやけ部分をマッサージする時は、デリケートに行うようにしましょう。

あわせてこちらもオススメです

【この記事を書いた人】 
一之江ひまわり医院院長の伊藤大介と申します。プロフィールはこちらを参照して下さい。

関連記事

  1. 【2022年度版】とびひ(伝染性膿痂疹)について解説【症状・…

  2. 水虫(白癬)について解説【原因・症状・薬・対処法】

  3. 【2022年度版】毛虫に刺されたら?毛虫皮膚炎の症状や治し方…

  4. 頭皮や顔にできる脂漏性皮膚炎の治し方は?原因や薬についても解…

  5. 首イボは自分で取れる?軟性線維腫の原因や皮膚科での治療・治療…

  6. ダニ刺されの特徴について解説【症状・薬・治らない時やダニ対策…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事
PAGE TOP