乾燥肌(皮脂欠乏性湿疹)について解説【原因・症状・普段のケア方法】

  • 冬になるといつも肌がカサカサする
  • 特に乾燥する季節にかゆみや赤みが強くなる
  • お風呂から出てくると、肌が毎回ガサガサしている

こうした方は乾燥肌による湿疹「皮脂欠乏性湿疹」かもしれません。一之江駅前ひまわり医院では、冬になりやすい乾燥肌による湿疹も治療しております。

乾燥肌(皮脂欠乏性湿疹)とは?

よく「肌が乾燥する」「乾燥肌」といいますが、医学的にはこれを「皮脂欠乏症(乾皮症)」といいます。乾燥によってかゆみや炎症が生じると「皮脂欠乏性湿疹」と呼ばれます。つまり、乾燥肌とは皮脂などが足らず、炎症が起こりやすい状態といえますね。

皮脂とは文字通り「皮膚にある油」のことです。主に毛穴の皮脂腺から分泌されるトリグリセリドを中心とする脂質になります。

しかし、実際に皮膚のバリア機能を担っているのは皮脂だけではありません。主に「皮脂」「角質細胞間脂質」「天然保湿因子(NMF)」があります。それぞれ以下の働きがあります。

  • 皮脂:皮膚の表面を覆い(皮脂膜)水分の蒸発を防ぎます。また、紫外線や皮膚の様々な刺激から保護しています。
  • 角質細胞間脂質: 角質細胞と角質細胞のすき間を埋めている脂のこと。肌の内側の水分を維持して、刺激を和らげる働きがあります
  • 天然保湿因子(NMF):角質層にあるアミノ酸や塩類などのこと。角質細胞の水分を維持します。

しかし皮脂や天然保湿因子などの成分量は一定ではありません。年齢や性別・環境の変化・部位によって皮脂の量は大きく異なります。またライフスタイルによって必要な皮脂の量も異なります。そのバランスがうまくいかず、皮脂や天然保湿因子などの保湿成分が足らなくなると、角質の中の水分が失われ乾燥肌になるというわけです。

(逆に皮脂が過剰になって炎症することを「脂漏性皮膚炎」とよびます。脂漏性皮膚炎に関しては頭皮や顔にできる脂漏性皮膚炎の治し方は?原因や薬についても解説を参考にしてください)

乾燥肌(皮脂欠乏性湿疹)の原因は?

では、なぜ皮脂の分泌が足らなくなるのでしょうか。例えば以下の原因が考えられます。

  • もともと皮脂の分泌が少ない: 皮脂の分泌量は個人差も大きいため、皮脂が過剰に出る方もいますし、乾燥肌になりやすい方もいます。体質として皮脂の分泌が少ない場合、バリア機能は低くなりやすく炎症を起こしがちです。
  • 外側の環境の変化: 冬に外の湿度が低下するため、乾燥が進むのは皆さん経験しますよね。夏も大量に汗をかいたり、冷暖房の影響で肌の乾燥が進みます。
  • 紫外線:UVA(紫外線A波)とUVB(B波)に分けられます。UVAは肌のシワやたるみに関わり、UVBは肌の細胞障害に関係しています。紫外線を長期間浴びると乾燥がすすむ原因になります。
  • 加齢:加齢とともに水分やセラミドなどの細胞間脂質・天然保湿因子(NMF)が低下していきます。水分を保つ土台が減るので、乾燥肌は進みやすくなります。
  • 生活習慣の変化:ライフスタイルが変化により乾燥肌がすすみます。(後述します)

乾燥肌(皮脂欠乏性湿疹)の症状は?

皮脂欠乏性湿疹の症状は乾燥が進みやすい場所(すね・膝うら・ひじ・手の甲など)に炎症が生じ、かゆみや赤みが出ます。顔の場合は、唇や目の周り・頬などですね。乾燥が強いと「さざなみ」や「うろこ」のようにみえるようになり、夜も眠れないほどかきむしってしまう方もいます。

しかし、一般的にはすねといわれていますが、生活習慣によってかゆくなりやすい場所は人によって大きく変わります。例えば手が届きやすく悪化しやすい場所としては、上記に加えておしり(臀部)・背中(ナイロンタオルによる)・腰・太もも・首など多岐にわたります。

ですから、通常の保湿ケアや生活習慣の改善はもちろんのこと「個人個人のライフスタイルのどの部分で乾燥肌が進みやすくなっているか」を考えないと、繰り返しやすい疾患であるといえます。

さらに、乾燥肌の方はふつうの皮膚と比べて、かゆみを感じる感覚神経が表皮の角層直下まで伸びていることがわかっています。そのため、乾燥肌の方は少しの刺激でもかゆみを感じやすくなっています

そのため皮脂欠乏性湿疹は非常に繰り返しやすい疾患の1つ。「かゆみがない=治った」として放置せず、アフターケアをしっかり行うことが非常に大切です。

ひまわり医院では「ライフスタイルの何が原因で乾燥肌が進み、湿疹が起こっているのか」を考えながら、診療をおこなうように努めています。

乾燥肌(皮脂欠乏性湿疹)の治療は?

大きく分けて以下の3つです。

  1. 肌の炎症やかゆみの除去:炎症を抑える塗り薬やかゆみを抑える飲み薬などが使用されます。肌の炎症の程度や場所などに応じて、塗り薬の種類が変わります。
  2. 湿ケア:炎症の原因となった乾燥肌を改善します。クリニックで扱う保湿剤は「ヘパリン類似物質」「尿素入り軟膏」「ワセリン」「ユベラ®」「ザーネ®」などがあり、肌質に応じて使い分けています。(後述します)
  3. 乾燥になった原因の除去:前2つよりも重要なのが「原因の除去」。普段の生活でどの部分で皮脂がとられているのかを知る必要があり、それぞれに合わせてアドバイスしています。

ついつい「今ある炎症を何とかしたい」とだけ考えがちですが(気持ちはわかります)、もっと大切なのは「保湿ケア」と「原因の除去」です。根本から治さないと繰り返すからですね。乾燥肌の原因も一緒に考えていきたいと思いますので、ぜひ気軽にご相談ください。

普段の保湿ケアの方法は?

保湿剤は、皮膚から水分が逃げないように皮膚表面をコーティングし、角質層に水分を与える役割を担っています。乾燥肌の治療には欠かせない治療薬です。しかし、どのように普段保湿ケアを行えばよいでしょうか。ここでは一般的な保湿ケアの注意点を解説していきます。

① 適切な保湿剤を選ぶ

保湿剤は「油分がしっかりしているしっとりタイプ」から「化粧水のようなさっぱり」まで様々あります。

「油分が多いタイプ」のほうがべたつき感を感じる一方、肌をコーティングする力は強まります。逆に、化粧水のよなタイプのほうが塗りやすいですが、肌をコーティングする力は弱くなります。

乾燥肌が強い方は、水分が肌から逃げやすい肌質が多く「油分が多いタイプ」のほうがよいかもしれません。一方、夏場だと油分がおおくべたつくと、寝る時などに不快に感じやすくなります。

季節や肌質に合わせて適切な保湿剤を選ぶのが保湿ケアの第一歩。多くの種類があるので、ぜひ気軽にご相談ください。

② 保湿剤を適切な量つける

よく「もったいないからチビチビつけてた」といわれることがあります。

残念ながら、チビチビつけていても本来の保湿効果は得られることができません。適切な保湿剤の量を付けることが大切です。適切な量はローションや軟膏・泡状のものなど多数あり、剤型によって大きく変わります。

適切な量の目安でよく使われるのが「FTU(フィンガーチップユニット)」。軟膏の場合、1FTUは大人の人差し指に一番先から第1関節までに乗る量で、これが大人の手のひら2枚分の面積に塗る量として適切な量になります。ちなみに1FTUは0.5gに相当します。

ローションの場合は、1円玉の大きさが「1FTU」。ヒルドイドフォーム®の場合は製品のキャップ大が2FTU(=1g)にあたります。

肌としては、ちょうどテカるくらいが目安になるので、保湿剤を適切な量使うようにしましょう。

③ 保湿剤をムラにならないようにつける

意識しないで塗りやすいところだけ塗っていると、当然ですがムラになりやすくなります。すると「保湿されている場所」と「保湿されていない場所」に分かれるので、保湿されていない場所は乾燥肌がなかなか治りません。

  • 1FTUを意識しながら塗る
  • 保湿剤を場所別に量をおいてから塗り始める
  • 保湿剤の塗り方をルーティン化する

など様々な方法があります。どうしてもムラが出来てしまう方は、ぜひご相談ください。

④ 保湿剤をすりこまない

時々皮膚科の薬は「刷り込んだ方が効果がでやすい」と考えている方もいます。しかし、すりこむ薬もありますが、原則肌に塗り薬をすり込むと肌の炎症を誘発させてしまうので、保湿剤はすりこまないことが大切です。

⑤ 保湿剤は頻度も大切

「よく保湿剤をわすれてしまう」という方もいます。保湿剤はかゆみを抑えるわけでもないので、忘れる気持ちもよくわかります。

しかし、肌の状態や場所によっては、回数を重ねることで改善するケースがあります。「なかなか乾燥肌が治らない」と感じる方は保湿剤の頻度を上げると効果的です。なかなかケアする時間が取れないのもわかりますが、ちょっとしたひと手間が肌の質を大きく上げます。

他にも数多くのポイントがありますし、個人個人でアドバイスが異なります。ぜひ保湿に関してもご相談いただけますと幸いです。(参照:2018年アトピー性皮膚炎ガイドライン

乾燥肌の日常生活の注意点は?

ここでは乾燥肌にまつわる「一般的な」注意点を解説していきます。それぞれで乾燥の原因になっているものは異なるので、ご注意ください。(参照:2020年皮膚搔痒症診療ガイドライン  2018年アトピー性皮膚炎ガイドライン

① 入浴や洗顔は手早くやさしく行う

入浴は肌を直接刺激するため、最も気を付けなければいけない日常生活の1つです。例えば、以下を意識するとよいでしょう。

  • ナイロンタオルでゴシゴシしすぎない: 綿などの柔らかいタオルや手で洗う
  • 脱脂力の強い石鹸やボディーソープを使わない: 低刺激のものを選び、泡で優しく洗うようにしましょう
  • 熱すぎる湯船につからない: 体感よりもややぬるめの40℃以下のほうが望ましいです
  • 長湯しすぎない: 湯船に皮脂がとられていきますので、長時間の入浴で肌の乾燥はすすみます

② 衣類に気をつける

肌着など皮膚に触れるものは、合成繊維などでなく、刺激の少ないものを選びましょう。また、特に肌が敏感な乳幼児では、衣類に使われる洗剤でも反応することがありますのでご注意ください。

③ 加湿をしっかりする

冬に乾燥肌に悩む方が多いように、空気の乾燥は乾燥肌に大きく影響します。ストーブや暖房でさらに乾燥が進みやすくなるため、部屋の空気を加湿するようにしましょう。

④ 食事内容にも気を配る

肌も体の一部なので、栄養が足らなくなると、当然肌の質も悪くなります。特にダイエットで偏った食生活をしたり、加工食品や外食が中心の場合、栄養バランスが取れていないことが多く、乾燥肌に影響します。

多くのミネラルやアミノ酸・ビタミンなどが複合的に働いて、肌を形成しています。単一の成分にこだわらず、バランスのよい食生活を心がけるようにしましょう

⑤ 紫外線から身を守る

「紫外線=夏」のイメージが強いですが、冬にも当然紫外線はあります。紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類が主ですが、どちらもコラーゲン線維の減少や肌の細胞障害を通じて、肌の質に大きく影響することがわかっています。

日焼け止めクリームを使用したり、帽子や長袖を着用したりして、紫外線から身を守るようにしましょう。

⑥ 生活のリズムを整える

睡眠不足やストレス・生活のリズムの乱れは、皮脂の分泌にも大きく影響します。普段から肌トラブルが多い方は、(仕事の関係上なかなか難しい部分もあると思いますが)規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

他にも、日常生活で気を付けなければならないことは多くありますが、個人個人に合わせてアドバイスするようにしています。どうぞ乾燥肌でお悩みの方は、当ひまわり医院に気軽に相談してください。

あわせてこちらもオススメです

【この記事を書いた人】 
一之江ひまわり医院院長の伊藤大介と申します。プロフィールはこちらを参照してください。

関連記事

  1. ダニ刺されの特徴について解説【症状・薬・治らない時やダニ対策…

  2. 【シミ治療薬】トレチノインの効果や使い方・ハイドロキノンとの…

  3. 首イボは自分で取れる?軟性線維腫の原因や皮膚科での治療・治療…

  4. しもやけは予防できる?しもやけ(凍瘡)の原因や対策・薬につい…

  5. 帯状疱疹はうつる?帯状疱疹の原因や前兆・治療について

  6. 巻き爪の原因や治し方は?巻き爪矯正やセルフケアについても解説…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事
PAGE TOP