【医師が解説】新型コロナ後遺症による咳や息切れについて【後遺症外来】

5類感染症になり軽視されつつある新型コロナですが、新型コロナには他のウイルスにはない問題がいくつか残っています。その1つが、新型コロナによる「後遺症問題」です。実際当院にも

  • コロナ後遺症による咳がいつまでも治らない
  • コロナ後遺症での咳がつらく、どうにかしてほしい

など、コロナ後遺症で来る方も大勢いらっしゃいます。実際、コロナ後遺症の咳はどうして起こってしまうのでしょうか。今回は、コロナ後遺症の咳のメカニズムや治療の実際の一部を紹介していきましょう。(まだガイドラインも確立していないので、模索的になっていること、ご承知おきください)

コロナ後遺症の咳や息切れとは?

簡単にいうと、コロナ後遺症での咳や息切れとは「コロナにかかった後、感染性はなくなったものの、急性期から持続したり、経過の途中から生じて出てくる『咳や息切れ症状』」のこと。

コロナ後遺症ではある程度長引いていることも診断基準の1つ。多くの論文では「4週間以上続く症状」をpost COVID19としていますが、WHOの定義によると「コロナから3か月たって、2か月以上続く新しい症状」のことをコロナ後遺症としています。

2023年2月に行われた東京都の都民アンケート調査によると「新型コロナに感染してから2か月以上の期間、後遺症を疑う症状があった」と答えた方は25.8%となっており、20代~50代を中心に幅広い年齢層で認めています。

さらに、「後遺症としてどのような症状がありましたか」という質問には「疲労感・倦怠感(51.6%)」に次いで咳と答えた方は35.1%もおり、多くの方がコロナ後遺症としての「咳」で悩まされたことがわかります。

また、後遺症での日常生活への影響力も非常に大きく、同アンケート調査では後遺症がある方の85%が「日常生活の支障があった」と回答し、そのうち50%以上の方が仕事や学校を休んでいます

コロナ後遺症の咳を扱ってくれる病院も少ないのも要因の1つ。当院に来院される方でも

  • コロナは見るけどコロナ後遺症は見ない
  • コロナ後遺症の咳はよくわからないから他の病院にいってほしい

などと言われたため、市販薬で症状を抑えていたけど良くならなくて当院に来院されたという方もよくいます。

(参照:(第116回)東京都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議資料(令和5年3月30日)
(参照:新型コロナウイルス感染症 診療の手引き 別冊「罹患後症状のマネジメント」

コロナ後遺症の咳や息切れの原因は?

どうしてコロナ後遺症の咳は起こってしまうのでしょうか?誤解を恐れずに簡便に説明すると、以下の2パターンにわかれます。(もっと複雑なケースもよく経験します)

① コロナが「呼吸器そのもの」に悪影響を及ぼしているケース

もともと新型コロナは肺炎を中心とした「呼吸器感染症」です。上気道から侵入し、下気道で増殖しながら、肺や気管支で増殖します。

ウイルスによる急性症状は自分の免疫や薬による治療で抑えられるものの、ウイルスが残したダメージはなかなか消えません。そして。咳や息切れなどの呼吸器症状を残し続けるということがあるのです。

実際、新型コロナから回復された方は一般人口と比較して、2倍の頻度で呼吸器症状がでてくることが報告されています。こうした外来患者を画像で詳しく解析したところ、肺の気流障害や血流障害などの異常所見が認められました。

また新型コロナでは微小血管に血栓を作ることも有名であり、肺の微小血管などに影響を及ぼしているのではないかともされています。

このように、呼吸器感染症の一環として新型コロナが悪影響を及ぼしているケースは当然十分考えられます。

② 新型コロナが全身の炎症の一環として悪影響を及ぼしているケース

実は、新型コロナは当初は「呼吸器感染症」として知られていましたが、現在は多くの臓器にダメージを与えることも知られています。

なぜ肺に増殖するウイルスが全身に影響を及ぼすのか。

  • ウイルスが血液中に残り続けるから
  • ウイルスにより免疫や炎症が過剰に引き起こされるから

など諸説ありますが、はっきりとは示されていません。ただし、ブレインフォグや強い倦怠感に代表されるような神経系へのダメージに加え、循環器系・消化器系・皮膚に至る幅広い範囲に後遺症を残していることから、全身への影響の一環として「咳」が残る場合も十分考えられます。

例えば、コロナ後遺症の難治性の咳に対する海外の症例報告では、「呼吸器系統のあらゆる投薬(鎮咳薬や吸入ステロイド薬など)で効果が十分ではなく、最終的に神経調節薬で治療した」と報告しています。

このように、コロナ後遺症の咳は「呼吸器疾患の治療薬で収まるだろう」というわけでも一概には言えません。通常のウイルス感染症のあとにおこる「咳喘息」や「アトピー咳嗽」の状態よりも複雑に絡み合っているケースもあることがわかりますね。

(参照:Asia Pac Allergy. 2022 Apr; 12(2): e19.Long-COVID severe refractory cough: discussion of a case with 6-week longitudinal cough characterization)
(参照:Long COVID: major findings, mechanisms and recommendations

コロナ後遺症の咳や息切れに対する診断や治療は?

コロナ後遺症の咳に対する治療は、病態によって大きく異なります。そのため、同じ咳だったとしても全然違っていることもしばしばです。ですので、当院では以下のステップでコロナ後遺症に対しての治療を行っております。

① 問診

コロナ後遺症において最も大切なのが、「問診」です。

  • いつから発症か
  • 最初の症状は何か
  • 咳はどのタイミングから出ているか
  • 咳や息切れはどれくらい長く続いているのか

から始まり、既往歴・アレルギー歴など詳細に聞いていきます。他の症状も非常に重要な情報です。

② 身体診察

直接患者さんと対話しながらの身体診察ももちろん重要です。問診中も実は患者さんの様々な情報をくみ取って、診断に活用しています。肺の聴診はもちろんのこと、頭の先からつまさきまで、必要に応じて身体診察をくまなく行います。

③ 呼吸機能検査

実際の呼吸機能がどのくらいであるかを呼吸機能検査を使って把握します。場合によっては吸入薬を試験的に投与してみて呼吸状態の反応を確かめたりすることもあります。具体的な数値があるので、フォローアップの際にも非常に有用です。

④ 血液検査

明らかに呼吸機能だけが原因ではないと判断される場合や初期治療で長引く場合などには血液検査を行います。血液検査は症状に合わせて項目が大きく異なるので、いわゆるテンプレートみたいなものはありません。

また、ホルモンやミネラルなど通常の検査では測定しないものを検査することもよくあります。

⑤ 画像検査

現在のコロナ後の肺の状態を把握するために、肺のCT検査もしばしば行います。炎症が十分残っている場合には、フォローアップ検査も行うことがあります。

⑥ 投薬治療

①~⑤の検査や診察をへて、個人個人の全身の状態が把握しながら、投薬治療を行っていきます。病態によってはライフスタイルの把握も重要なポイントで、生活面での注意点なども詳しくアドバイスさせていただいております。また、休職や休業などにかんしての診断書などの書類面でも臨機応変に対応しておりますので、ぜひお気軽に相談いただくと幸いです。

また、状況によって病態が大きく変わることもあり、その都度、投薬内容を修正させていただきます。

コロナ後遺症の咳はいつまでかかる?

コロナ後遺症の咳はいつまでかかるといわれているのでしょうか。これも病態によって大きく異なります。

ただし、191万人におよぶイスラエルのコロナ後遺症の調査結果によると、「後遺症の期間を『6か月以内』と『6~12か月』にわけたところ、呼吸器疾患、脱毛、胸痛、筋肉痛、咳に関しては『6か月以内』の期間に多く出現した」としています。

つまり、咳などの呼吸器疾患は、6か月以降には出にくいことがわかりますね。

当院での臨床成績から考えても、治療開始から最短14日くらいで効果が表れはじめる例もよくあるものの、2~3か月くらいかかることが多い印象です。

他の病態も合併している場合は、難渋するケースもあり、一概にはいえません。個別にアドバイスさせていただいておりますので、ぜひご相談いただけたらと思います。

(参照:BMJ「Long covid outcomes at one year after mild SARS-CoV-2 infection: nationwide cohort study」

コロナ後遺症の咳についてのまとめ

いかがでしたか?今回は「コロナ後遺症の咳」について解説していきました。まとめると

  • コロナ後遺症は20~50代を中心に幅広い年齢層でおこっており、咳も比較的よく起こりやすい後遺症症状の1つである
  • コロナ後遺症の咳症状のメカニズムは完全にわかっていない部分も多いものの、単なる呼吸器感染症の側面の他に、全身の炎症や神経学的変化の末での「咳」の場合もあり、複雑なケースが存在する。
  • だからこそ、1人1人に合わせたケアが必要であり、慎重な加療が必要。

といえます。「いつか放っておけば治るだろう」などと放置せず、ぜひご相談ください。1人ひとりにあわせて適切に診断・治療させていただきます。もちろん、咳以外の後遺症症状でも受け付けていますよ!

【この記事を書いた人】 
一之江駅前ひまわり医院院長の伊藤大介と申します。プロフィールはこちらを参照してください。

あわせてこちらもオススメです

関連記事

  1. 花粉症で咳がでるのはなぜ?アトピー咳嗽の症状や治療、咳喘息の…

  2. オミクロン変異株「BA5株」の特徴について【症状・重症化・潜…

  3. コロナ変異株「JN.1株」の特徴について【最新株・症状】

  4. 頭痛はコロナから?新型コロナ感染症による頭痛の特徴について解…

  5. オミクロン「XBB株」「XBB1.16株」の症状や重症度など…

  6. 鼻水はコロナから?風邪とコロナ・花粉症の見分け方について解説…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事
PAGE TOP