【BA5株】鼻水はコロナから?風邪とコロナ・花粉症の見分け方について解説

こんにちは、一之江駅前ひまわり医院の伊藤大介です。

新型コロナもオミクロン「BA.5株」を中心に日本でも広がりを見せています。そこで特にBA.2株からBA.5株に変わるにつれて、初期症状として多くなってきた症状の1つが「鼻水」です。

たしかに鼻水は致死的なものではありませんが、鼻水をきっかけに早期診断をすることで、早期に治療薬を処方し、重症化や後遺症リスクを減らせる可能性があります。

では、鼻水でどんな場合にコロナ検査をすべきなのか、また鼻水のコロナ以外の原因と鼻水が止まらない時の対処法について解説していきます。

現在流行しているオミクロンBA.5株については、オミクロン変異株「BA4株・BA5株」の特徴について【感染力・重症化・潜伏期間】を参照してください。

鼻水はコロナで多い症状?

フランスでのBA.4株・BA.5株の症状

イギリスの「Zoe Health Study」によると、オミクロン「BA.5株」では鼻水は66%と、喉の痛みや頭痛、咳と同様、よくある症状の1つとして挙げられています。

フランス保健機関である「SantéPubliqueFrance」での調査でも、BA.4/BA.5株による代表的な症状は、倦怠感(76%)、咳(58%)、発熱(58%)、頭痛(52%)に次いで鼻水(51%)があげられており、BA.1株と比較しても2倍以上の確率で初期症状として鼻水が出やすいことが注目されています。

ここでよく勘違いしてしまうのが、「鼻水が出やすくなったから軽症になりやすいのだろう」と思われること。

確かに「BA.5の重症化率はBA.1と同等」と考えられていますが、ウイルスの性質としては「下気道に増殖しやすく、従来の新型コロナに戻りつつある」と報告する論文もあり、BA.5株が弱毒化されているわけではありません。

さらに、フランスでは「BA.4・BA.5株」になり症状が7日くらいに長引きやすくなったという報告もあります。

確かに鼻水で致死的になることは少ないですが、鼻水やのどの痛み・発熱などをきっかけに受診されることで、より早く治療や重症化予防を目的とした投薬・感染拡大防止につながってくるのではないでしょうか。

ただし、新型コロナ感染症かどうかは、臨床症状やワクチン接種状況、周囲の感染リスクなどを考えながら、PCR検査や抗原検査を使って総合的に判断するようにしています。

新型コロナウイルス感染症が心配でPCR検査や抗原検査を受けられたい方などは、前もって医療機関に電話後、発熱外来を受診していただけますようお願いいたします

(参照:SantéPubliqueFrance「Coronavirus : circulation des variants du SARS-CoV-2」
(参照:SARS-CoV-2 Omicron BA.5: Evolving tropism and evasion of potent humoral responses and resistance to clinical immunotherapeutics relative to viral variants of concern.https://doi.org/10.1101/2022.07.07.22277128)

鼻水のコロナ以外の原因は?

鼻水がでる器官である鼻と副鼻腔の解剖

では、「新型コロナ」以外にも鼻水が止まらないということはあるのでしょうか。

鼻水は「のどの痛み」と同様に見極めなければならない疾患が多くあります。しかし、そもそも鼻水とは「異物が鼻の粘膜に侵入したことで、異物を外に追い出そうとする結果」生じるので、「鼻水を作り出す異物が何であるか」によって分けられることができます。

① ウイルスの場合

みなさんもよくかかる「風邪」は、「ライノウイルス」や「アデノウイルス」「インフルエンザウイルス」などのウイルス疾患によるものです。ウイルスの侵入により鼻の粘膜が炎症を起こし、ウイルスを外に追い出そうと鼻水がでます。新型コロナウイルスを含めたウイルス感染による鼻水は、感染初期は粘り気の多い比較的透明な鼻水が出る一方、炎症が進んで死滅した白血球がでてくるようになると粘稠性が強くなるのが特徴です。

② 細菌・真菌の場合

黄色ブドウ球菌や連鎖球菌・緑膿菌・カンジダなどさまざまな細菌・真菌感染でも鼻水が生じることがあります。細菌・真菌感染による鼻水の多くは黄色や緑色の鼻水が出て、粘り気が非常に強いのが特徴です。

また、細菌・真菌感染の中には「副鼻腔炎(蓄膿症)」といって、鼻の穴の周りにある空洞に細菌や真菌が入り込み、細菌の巣になっていることで、鼻水や鼻づまりが止まらないといったケースがあります。(副鼻腔の解剖については上図参照)

その場合、「こもるような声」になったり、頭痛が生じたり、においの強い鼻水になったりすることがあります。さらに、副鼻腔炎を放置すると中耳炎などの合併症を生じますので、細菌性の場合もあまり放置せず病院に受診した方がよいでしょう。

③ 本来無害なものの場合(アレルギー性)、そのほか

花粉やハウスダストなど本来無害なものに反応して、鼻の粘膜が炎症し鼻水が出ることがあります。いわゆる「花粉症」」ですね。この場合は、ウイルス感染と異なり「IgE抗体」「ヒスタミン」「肥満細胞」などが中心となった炎症経路ため、アレルギー性による鼻水の場合は、鼻水の性状もサラサラした水っぽい鼻水になるのが特徴です。よく患者さんからは「滝のように鼻から水が出てきてとまらない」などと言われます。

特定のアレルギーで出る鼻水だけでなく、寒暖差や自律神経の乱れなどをきっかけとして鼻水が出現する「血管運動性(本態性)鼻炎」、特定のものを食べると鼻水を引き起こす「味覚性鼻炎」というものもあります。

コロナと風邪・花粉症での鼻水の違いは?

新型コロナと風邪と花粉症の違いについてまとめた表。オミクロンBA.5にあわせて改訂
(新型コロナ・かぜ・花粉症の症状の違い:Allergy UKより転載・日本語に改訂、一部オミクロンBA5株の特徴に合わせて変更)

新型コロナも「BA.5株」になって、比較的出やすい症状として挙げられるわけですが、かぜや花粉症とはどのような点が異なるのでしょうか。自分でもセルフチェックしやすい項目について説明します。(一部当院における新型コロナ感染症での診療経験から考察ものも含まれています)

① 鼻水の性状が異なる

新型コロナにせよ風邪にせよ、ウイルス感染が主体であることは間違いありません。そのため、なるべくウイルスを外に追い出すように粘り気のある鼻水が中心になることが多いです。また跡から炎症が進むと粘り気も強くなり、黄色などに変化することもあります。

一方、花粉症を代表としたアレルギー性疾患ではサラサラした水っぽい鼻水が多く、外出さきだけ出るなど「きっかけ」を伴うことも多いです。

また、当院での統計では鼻水より鼻づまりの頻度の方が高くなっています。

② 他の併存疾患を伴いやすい

ひまわり医院で新型コロナを感染された方の統計を取っていますが、「鼻水だけが主訴」ということは1例を除いてほぼありません。37.5度以上の発熱を伴ったり、喉や咳・息苦しさなどの他の上気道・下気道症状を訴えております。

発熱の確率はフランスのデータでもある通り58%であり、当院でもほぼ同等のデータです。つまり、「発熱がない鼻水やのどの症状でもコロナの可能性がある」ということになります。ますます初期症状として風邪と見分けはつきにくくなりましたね。

実際、やはり検査して初めて「新型コロナだったのか」と思わされるケースもあり、診断だけで絞り込むにはなかなか難しいことも。そのため感染拡大時には積極的に疑うことも大切です。

③ 周りに感染者がいると新型コロナの可能性は高くなる

当院でのデータでは、「第7波」が起こって以来、新型コロナ陽性者の中で約3割の方が、周りの方が『陽性』と診断され来院されています。そのほとんどが周囲の方が陽性になってから、「3日~4日以内」で来院されますので、特に親しい周囲の方が陽性になった場合は、少なくとも数日間は「自分もコロナにかかっているかもしれない」と考えて行動された方がよいでしょう。

④ 後から症状が変わることがある

新型コロナ陽性の方は当院ではなるべく3日目を目安に全例電話診察を行っております。ある程度出てくる症状も予測しながら薬の処方をしておりますが、それでも症状がガラッと変わり、電話診察であとから薬を配送するケースが2割くらいに認められます。

そのうち一番多いのは、咳を中心とした呼吸器症状であり、BA.5株がもち従来のオミクロン株にはない「デルタ株と同様の下気道で増殖しやすい性質」から考えると、ある意味当然かもしれません。

他は「発熱と鼻水だけだったのに、逆に喉もいたくなってきた」「夜も寝られずすこし、気道が詰まるよな感じになった」などのケースもあり、注意深く問診しながら治療方針を決定しております。

ほかにも言語化しにくい部分もありますので、「新型コロナかな?」と思ったら、前もって電話で相談の上、受診していただくと幸いです。

新型コロナ感染症は「治療薬」があります

中には「新型コロナってどうせ対症療法だから風邪と一緒でしょ?」と考えている方もいるでしょう。ある意味正しいと思います。しかし、違う点は非常に多くあります。

まず新型コロナにも治療薬がある点。重症化リスクが高い方で発症早期の方は、ウイルスの増殖を抑える治療薬が使える可能性があります。例えば

  • 60歳以上の方(治療薬の適応年齢は治療薬の種類によって違います)
  • がんの方
  • 長期間タバコを吸っていて、息切れがある方(COPD)
  • 腎臓が悪い方
  • 糖尿病の方
  • 高血圧の方
  • 悪玉コレステロール(LDL)が高い方、中性脂肪の高い方
  • 肥満(BMI30以上)の方
  • 喫煙されている方
  • 移植後で免疫不全の方

などは、ウイルスの増殖を抑える薬の適応になることが考えられますので、お伝えいただけたらと思います。(新型コロナの治療薬の詳細は【オミクロンBA.5株も】新型コロナ感染症「軽症」の治療薬の有効性についてを参照してください)

さらに、前述の通り、新型コロナでは「後から別の症状になった」「風邪をひいただけなのにそこからずっと体調が悪い」といったケースも見受けられます。特に後遺症に関しては、最初に診断がついていないと「なんで症状が長引いているのか」わからないことになりかねません。そうした意味でも、あまり放置せずに診断は確定した方がよいでしょう。

特に「鼻カゼなんて」と鼻水はとかく軽視しがちです。「いつもと感じが違う」と思ったらぜひ早めに受診してくださいね。

後遺症については新型コロナ感染症の後遺症について【割合・咳・脱毛・倦怠感】もご参照ください。

鼻水が止まらない時の対処法について

では鼻が止まらない時はどのようにすればよいのでしょう。例えば次のような方法があります。

① マスクや加湿器などで加湿する

前述の通り鼻粘膜が炎症して鼻水がでるわけですが、粘膜の乾燥は炎症を強くしてしまいます。マスクや加湿器などで普段から鼻の粘膜の湿度を保つことで、鼻の炎症をやわらげることができます。

また、もちろんマスク自体には保護効果があるので、余計なホコリなどが付着して炎症を強くするといったこともありません。

もちろんマスク自体にも弊害はありますので、適切なシーンに合わせて使うとよいでしょう。

② 水分を適切にとる

新型コロナをはじめ風邪をひいた時は体全体がウイルスと戦うために炎症し、発熱することもしばしば。そのため、通常は脱水気味になってしまいます。また、鼻水からも水分は失われますので、鼻の乾燥も進んでしまいます。

できるだけ水分をよくとって脱水を改善した方が、鼻の粘膜の修復もうまくいきやすく体の中から加湿されやすいですね。

③ しっかり休む

当然ですが、新型コロナであろうと風邪であろうと、体が戦っている分だるくなります。そんな時に「せっかく自宅にいるから仕事しよう」と思っても、体が付いていかずはかどりません。

さらに鼻が詰まって脳に十分が酸素がいきわたらないと、仕事に対する集中力も失われます。当然仕事がはがどらないと、ストレスの原因になりますよね。

回復期(いわゆる病み上がり)の状態なら自宅ワークもできるでしょうが、急性期の場合には「今は休む時期なんだ」と頭を切り替え無理せずゆっくり休みましょう。

④ やさしく鼻をかむ

なるべく圧力をかけて鼻をかむことが多いと思いますが、片方ずつかむことで、全体的な圧力を下げて鼻水を外に出すことができます。

また、ティッシュも保湿成分が入ったものにしていただいた方が、鼻の表面の皮膚が傷つきません。鼻息の出る方向と自分の力む方向を一致させるようにして、鼻の粘膜を傷つけないような花のかみ方をしましょう。

⑤ 鼻うがいをする

鼻うがいとは、鼻に付着しているウイルスや花粉などの異物を洗い流すことで症状を改善する方法です。専用の器具を使った方が無難ですが、もしない場合は

  • 生理食塩水(0.9%)を入れた洗面器などの容器を用意する
  • 顔を近づけて、片方の穴を指で押さえる
  • もう片方の穴の中に食塩水を吸い込む。この時食塩水は飲み込まない
  • 吸った穴から食塩水を出して何回か行ったのち、もう片方も行う

というように片方ずつ行うとよいですね。

(参照:Cochrane「アレルギー性鼻炎に対する、生理食塩水を用いた鼻うがい」

⑥ 感染性(ウイルス性・細菌性)の場合はなるべく早く病院を受診する

「絶対に鼻カゼだろうと思って受診したらコロナだったり細菌性副鼻腔炎だった」というケースは本当によくあります。

新型コロナであれ細菌性であれ、やはり感染して症状がつらい場合は、医療機関に受診して適切に診断され、薬をもらった方が無難です。

たとえ治療薬の適応でなくても感染拡大防止にもつながりますし、もちろん重症化にもつながります。

当院を含めて病院では「コロナかどうか」だけで患者さんを診察したりしません。上記にあげた通りさまざまな鑑別疾患を考えながら、それぞれの病気の治療を大切に治療しています。ぜひご不安な点などありましたら、自分ひとりで抱え込まずに、どうか早めに医療機関に受診してください。

あわせてこちらもオススメです

【この記事を書いた人】 
一之江駅前ひまわり医院院長の伊藤大介と申します。プロフィールはこちらを参照してください。

関連記事

  1. のどの痛みやだるさ…コロナに似ている「伝染性単核球症」につい…

  2. 超音波検査(エコー検査)でわかること【原理・目的・費用】

  3. サル痘(さるとう)の原因や感染経路・症状・死亡率について解説…

  4. 肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス®・プレベナー13®)につ…

  5. つらい便秘症状を治すには?便秘の原因や解消法について解説

  6. だるいのはコロナ?だるさや倦怠感について解説【原因・治し方】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事
PAGE TOP